お坊さんに学ぶ白足袋の洗い方

お坊さん足袋洗い方

どうも!白足袋坊主です。

白足袋の汚れって、気になりますよね。

正座胡座をかいた時に、他人の足袋の裏が汚れていて、気まずい気持ちになったことはありませんか?

足袋の裏の汚れは、履いている本人よりも、他人の方が気にしがちです。

足袋の裏の汚れをしっかり落として、正々堂々と振る舞えるようにしましょう。

本日は、近所のお坊さんが教えてくれた、プロ直伝の白足袋の洗い方をご紹介します。

目次

基本的な白足袋の洗い方

それでは、毎日白足袋を履くお坊さんが、長年の経験から編み出した足袋の洗い方を学んでいきましょう。

用意するもの

•洗濯用粉末洗剤 (液体でも可)
•重曹(100円ショップで購入できます)
•洗濯用固形石鹸(ウタマロ石鹸など)
•洗面器
•歯ブラシ(古くなったもので可)
•ぬるま湯(40℃くらいがベスト)

洗い方の手順

①洗面器に粉末洗剤と重曹を入れ、ぬるま湯で溶かして溶液を作る。

②溶液の中に汚れた白足袋を30分ほど浸ける。

白足袋を取り出したら、足袋の裏の汚れが目立つ部分に固形石鹸を塗り込む。

④固形石鹸を塗った足袋の裏を、汚れを掻き出すように歯ブラシで優しく摩擦する。

⑤汚れが取れたら、水やぬるま湯で白足袋をしっかりとすすいで、脱水する。

※すすぎ残しがあると、のちに黄ばみやシミの原因になるので気をつけましょう。

白足袋の中に手を入れて、生地をしっかり伸ばしてシワを整える。

こはぜ(金属の留め具)の、かけ紐の部分に洗濯バサミを挟んで白足袋を干す。

足袋を履く時に洗濯バサミの跡を隠すことができます。

白足袋の洗い方のまとめ

私も以前は汚れた白足袋を、靴下と同じように洗濯機を使って洗っていました。

ところが、お坊さんに教えていただいた白足袋の洗い方実践してからは、

  • 白足袋の裏の汚れが綺麗に落ちるようになった。
  • 白足袋が痛みにくくなり、足袋の寿命が延びた。
  • 白足袋に愛着が生まれ、ものを大事にするようになった。

物理的な汚れが綺麗に落ちることで、精神的にも心が浄化されたのか

気持ちよく日々を過ごせる割合が多くなった気がしています。

白足袋の洗い方を快く教えて下さったお坊さんが本当に伝えたかったことは

白足袋を洗った後に訪れる、心の変化だったのかもしれません。

ご協力くださった近所のお坊さん、ありがとうございました!

テレワークに最適!!安心のAnker製!
iPhone用のイヤホンをPCで使いたい時は
USB-A & ライトニングUSB オーディオアダプター

他にも足袋の洗い方は紹介していきます!!

神職養成所で学ぶ白足袋の洗い方

畳職人が教える岡足袋の洗い方

庭師が教える地下足袋の洗い方

神輿野郎が教える地下足袋の洗い方 (仮)

乞うご期待あれ!

お坊さん足袋洗い方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる